ペダリング技術を向上させるユニークな分析ツール Polar View

Polar View とは?

Wattbike Polar Viewは貴方のペダリング技術を向上させるユニークな分析ツールです。

Polar Viewは貴方のペダリング技術を図で示します。左右の脚の出力バランスやペダルストローク中、どの位置でどれだけ力がかかっているかを示すものです。

Polar Viewはどのようにパフォーマンスを高めるか?

完璧なペダリング技術の習得によって貴方のペダリングは効果的になり、より速いサイクリストへと導きます。

パワー出力の向上 - ペダリング技術を改善していく過程で自然に有効な筋群が使えるようになり身体ストレスが低減します。それによりパワー出力も高まり最終的に速いスピードを出せるようになります。
リカバリーの向上 - 効果的なペダリングは身体へのストレスを減らし疲労しにくくします。そして、より速くリカバリーできるようになります。
持久力の向上 - 効果的なペダリングができると労力は同じでもより高いパワーをより長い時間、出すことができるようになります。そして持久力が向上します。

Polar Viewを理解する

Wattbike 専属スポーツ科学者、エディー・フレッチャーがPolar Viewの見方を説明します。

形状例

8の字 - 初心者

右脚から左脚への切り替え時(1の点)と左脚から右脚への切り替え時(2の点)でペダルモーメンタムが大きく失われています。脚の表側の筋肉を主に使ってペダルを下に踏み込んでいます。

アドバイス:つま先をしっかりと固定するかサイクリングシューズを履くとペダルストローク中のパワー維持をしやすくなります。

ピーナッツ - 中級者

レッグドライブ中のペダルモーメンタムが維持されてはいますが、まだロスが大きい状態です。特に2の点で1の点より大きな欠け(ロス)が見られます。

アドバイス:靴族の泥をこすり落とすイメージで脚の切り替えを改善しましょう。

ソーセージ - エリート

左脚と右脚の切り替え時にモーメンタムがほとんど失われていません。ペダルストローク中のパワー発揮にむらがありません。

Polar View をよくするために

ペダリング技術とPolar Viewに影響を与える事項は多くあります。ここでは代表的な10のヒントを示します。

1・サイクリングポジション - 正しくないサイクリングポジションはダウンストローク、アップストロークの両フェーズに影響を与えます。
2・左右脚の出力バランス - 左右の脚の出力バランスをできるだけ50:50に近づけましょう。どうしても多少のばらつきは出ますので48~52%の範囲を目指しましょう。
3・サイクリングシューズ - サイクリングシューズを使うとフルパワー発揮やリカバリーフェーズを効果的に行いやすくなります。
4・立たない - 立って漕ぐと上死点から下死点までのパワー維持が難しくなります。立ち漕ぎはトレーニングとして明確な目的があるときのみ行いましょう。
5・適切な負荷設定 - 8の字が出ている時は負荷レベルが高すぎてダウンストロークのみに集中してしまっている可能性があります。負荷を下げて下死点で「靴族の泥をこすり落とす」イメージに集中しましょう。
6・Polar Viewの画面表示 - 常にPolar Viewをモニター画面に表示させてペダリングへの意識を高めます。
7・Powerhub データ分析 - Bluetooth搭載モニターとスマートフォンがある場合、PowerhubのデータでPolar Viewの分析が可能です。図形、ピーク角度、左右バランスなどを見てみましょう。
8・適切なワークアウト - Polar Viewに集中するワークアウト例を下記します。短い時間、集中して行いましょう。高いギア(空気抵抗レベル)ほどより簡単によい図形を作れますので、まずは低いギアから始めてみましょう。
1分集中/2分イージー  6~10セット
2分集中/2分イージー  5~8セット
3分集中/2分イージー  4~6セット
9・回転数と負荷 - 色々な負荷レベル、回転数でよいペダリングができるように試してみましょう。
10・トレーニングの継続 - トレーニングプランの中で定期的にペダリング技術に集中するセッションを組み入れましょう。


TOP