トレーニング

ワットバイクはアスリートのパフォーマンス向上、リハビリから家庭やスポーツクラブでのフィットネス、介護予防に至るまで様々な用途に使われています。

空気抵抗負荷システムが作り出す実走に近い快適なライド感覚はインドアトレーニングにおける大きなメリットです。
目的に沿ってレベル(ギア)、回転数を組み合わせることで自分仕様のトレーニングを行うことができます。
また、Wattbike Hubや他のサイクリングアプリとの連動でインドアサイクリングを楽しめます。

トレーニングゾーンについて

3分間テストでの平均ワットあるいはランプテストでの結果をMMPといいます。
MMPに基づいてトレーニング強度を管理するための目安として8つのトレーニングゾーンがあります。
モニターにMMPをインプットすると現在のワークアウトがどのゾーンにあるかスクリーンに表示されます。
Wattbike ゾーントレーニング

ソフトウェアについて

Wattbike ソフトウエアのダウンロード、更新などは下記リンクからお願いいたします。
https://wattbike.com/jp/downloads


TOP