ダイエット&ボディメイク -活用方法と効果- 5REPS 横浜店

2017年06月07日

ワットバイクはダイエットやボディメイクに非常に効果的なツールです。本年2月に横浜にオープンしたパーソナルジム、5REPSはその点に着目してオープンと同時にワットバイクを導入、既に目に見える成果を挙げています。同店のオーナー(代表)でありトレーニング指導も行う、米澤史織さんにワットバイクが何故、ダイエットに効果があるのかを中心にお話を伺いました。

- - 横浜駅西口から近く、綺麗で開放感のあるとても素敵な空間です。どういう経緯でオープンされたのでしょうか?

5REPSはダイエットとボディメイク専門のパーソナルジムです。実は私自身が過去に20kgのダイエットをした経験があります。何度も減量、リバウンドを繰り返して試行錯誤するなかで正しい運動と食事が痩せるために一番大切であることを学びました。更にダイエットにつき深く勉強をして大手スポーツクラブでインストラクターとして働かせて頂きました。その後、パーソナルジムで指導を行っていましたが、自分が実践したことをより多くの人に広めたいという考えから自分のジムをオープンさせました。現在、私を含めて4名のダイエットとボディメイク専門のトレーナーが会員指導を行っています。会員は若いOLさんや大学生から69才まで多岐に渡っています。男女比は女性の方が少し多いでしょうか。

- - ワットバイクを導入したのはどういう理由でしょうか?

元々、日本人は腿の前側が発達していてハムストリングス(後ろ側)が弱い傾向があります。女性はヒールを履くので更にこの傾向が強く出ています。前腿の筋肉がつくと後ろを使いにくくなりお尻が垂れます。ダイエットやボディメイクを考えるときに、ここを何とかしたいというのが前提にあります。普通のエアロバイクは腿の前側を中心に使う構造になっているように思います。それに対してワットバイクは後ろ側を使うことを促進することができる、何よりも画面に表示されるPolar Viewでどこの筋肉を使っているかがリアルタイムで分かります。正しい動きをするということがダイエットの基本であるなか、これは非常に有用です。今まで、後ろ側を引き締めることが難しかったのですがワットバイクがこれを解決してくれました。

- - 非常に解りやすいご説明です。会員の方々のワットバイクへの反応はどうですか?

「バイクを漕いでこんなに疲れるの?」ですとか「お尻が痛い。お尻が筋肉痛」といった声をよく聞きます。これはお尻や腿の後ろ側が使えている証拠で私たちの狙い通りの効果が出てきている証明でもあります。また、「ワットバイクをするようになってからスクワットでも後ろが使えるようになってきた」とか「体の使い方が意識できるようになった」と言われた方もいらっしゃいました。

- - それは他のインドアバイクを使っているときにはなかった反応ですか?

そうですね。Polar Viewによる動作の意識付け以外にもワットバイクの特徴である空気抵抗の効果もあると思います。空気抵抗負荷が作り出すワットバイクの実走感です。まるで外で走っているような爽快感を感じることができます。他のインドアバイクは人工的な感じの負荷で楽しくない、漕ぐことがストレスに感じるなんてこともありました。ストレスというのは一番ダイエットにはよくないことです。ストレスといえば、会員の方々にはたまに6秒(全力)テストをしてもらうのですが、「これをするとスカッとする」という方もいらっしゃいます。

- - なかなか新鮮なお話ばかりです。有酸素運動という切り口だとランニングという選択肢もありますが、この辺はどうお考えでしょうか?

特にメタボを気にされている男性はお腹周りを何とかしたいのですが、有酸素運動は効果的です。トレッドミルで走るというのもよくある有酸素トレーニングです。しかし、O脚やX脚の人が自己流で走ると、ふくろはぎが太くなるなど脚の形が悪くなることが多々あります。思ったところに狙い通りに刺激するというのは難しいことです。また、過体重の方が走るのは関節に大きな負荷がかかり障害のリスクが高いのでお勧めできません。

- - 5REPSのパーソナルトレーニングは60分~90分でダイエット、ボディメイク効果のあることを複合的に行うということですが、その中でワットバイクをどのように組み入れているのでしょうか?

人と目的によって違いはありますが、20分くらい一定のペースで動作を意識しながら漕いでもらうことが多いですね。それから6秒テストを取り入れるとモチベーションが上がります。数値で進捗がわかりますし、皆さん楽しんでいます。先日、500ワットだった自己ベストを600ワットまで上げた方がいて、「後ろが使えるようになってスコアも上がった」と嬉しそうでした。普段から、どこの筋肉を動かしているかを意識して漕いでいるので、その成果が数値で確認できるのはご本人にも励みになりますね。

- - 「意識して動かす」というのがキーワードのようですね。

その通りです。例えば歩く時はお尻を意識して歩く、ということがとても大事です。意識して行うことにより効果がでてきます。その結果として、使われていなかった筋肉が使われるようになる、ということが起こると消費カロリーが上がります。後ろ側が使えてきて姿勢がよくなることで年間2~3kg変わることがあります。

- - 他にワットバイクによる効用はありますか?

ワットバイクでむくみがとれます。正しい姿勢と適切な負荷、下半身全体を使えるようペダルの回し方を意識することで筋肉の収縮、弛緩による筋ポンプ作用が増強、リンパ還流が刺激され、リンパの運搬能力を高めることができるのでむくみの軽減につながります。

特にワットバイクは普通のバイクと違い股関節から大きく動かすことができるので鼠径リンパ節にも刺激が入ります。

- - それも興味深い話ですね。ダイエット、ボディメイクは多くの人が関心を持っている分野ですので今後も継続的にお話をお聞きしていければと思います。本日は有難うございました。

https://5reps.co.jp/